地域密着がモットーのとびうめ信用組合職員がお届けする地域情報。定期的に更新中です!

とびうめ地域情報

2016年01月07日更新 【 津福支店 】

大善寺玉垂宮鬼夜


日本三大火祭りの1つ。1,600年余りの伝統ある追儺(ついな)
の火祭りで国の重要無形民俗文化財に指定されています。
この行事は、大晦日の夜から正月7日までの鬼会(おにえ)
といわれる行事の中の最後に行われるもので鬼夜(おによ)
と呼ばれています。大晦日の夜に火打石で御神火(鬼火)を灯し、
神職によって神殿にて守られる。神職はそれとともに国家安泰や
五穀豊穣を祈願する。7日の午前中には鬼面尊信の神事と
種まき神事が執り行われる。そして7日の夜を迎えて満願となり、
鬼夜(おによ)が行われる。

一番の見応えは、1月7日21時頃から始まる大松明廻しです。
直径1メートル余り、全長約13メートルの日本一と云われる
大松明6本を数百人の裸の氏子若衆たちがカリマタで支え、
火の粉を散らしながら境内を廻るもので、紅蓮の炎を上げて
燃え盛る様はまさに圧巻です。また、この大松明の火の粉を
浴びると無病息災と云われ、
家内安全、災難削除、開運招福を祈願される方で賑わいます。



 

●会場大善寺玉垂宮 (福岡県久留米市大善寺町宮本1463-1)

●交通機関:西鉄大牟田線 大善寺駅西口より徒歩5分